循環器内科に関する情報サイト

循環器内科とは

循環器(じゅんかんき)とは、動物の器官の分類のひとつで、血液を体内で循環させるのに働く器官と、血液の成分である血球を産生、成熟、分解する器官をまとめて呼ぶ言い方です。

 

 

循環器科は治療手段から、「循環器内科」と「循環器外科」に分かれます。現状は、循環器の疾患が疑われたら、まず循環器内科で総合診断を行います。診断の結果、薬物療法中心の治療やカテーテルを使った侵襲の小さな手術までなら循環器内科で治療します。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

循環器内科を訪れる患者

循環器内科のおもな対象疾患は、「虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)」、「心臓弁膜症」、「不整脈」、「拡張型心筋症や肥大型心 筋症」、「感染性心内膜炎」、「心筋炎」、「心膜炎」、「いろいろな基礎疾患による心不全」などの心臓疾患や、「高血圧症」、「大動脈瘤」、「静脈血栓 症」、「心臓由来の動脈塞栓(脳塞栓症)」、「肺梗塞」などです。循環器内科はこれらを診断し、他の疾患と鑑別し、治療や再発予防を行います。

 

循環器の疾患は、動脈硬化の合併症としておこる病気が多いので、動脈硬化を促進する「糖尿病」、「高脂血症」や心臓内にできた血の塊(血栓)が流れて、脳動脈がつまり起こる「脳梗塞(脳塞栓)」なども関連疾患として、同時に診察・治療する機会が多いです。

 

また、循環器疾患は、喫煙、食事、運動、飲酒、肥満などの生活習慣との関連が深いので、薬物による治療だけでなく、生活習慣改善の指導がとても大事といわれています。

 

糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満、高尿酸血症などは、循環器系疾患を合併することが多いので、循環器疾患、とくに狭心症・心筋梗塞には注意が必要です。 高血圧、糖尿病、喫煙習慣、高脂血症などの循環器疾患のリスクの大きい人は、定期的に循環器科の診察と指導を受けるとよいでしょう。

 

医師国家試験に合格は開業に必須

業として医行為を行ったり、医師と名乗るためには、医学部を出ているだけではダメで、医師国家試験に合格し、厚生大臣から医師としての免許を受けている必要があります。医師以外にも、歯科医師、保健婦、看護婦、助産婦、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師等の医療従事者について、それぞれ免許制度と国家試験が設けられています。

 

医師国家試験の合格者は、医籍に登録され、医師免許証が交付されます。(免許証といっても運転免許証のような携帯サイズではなく、表彰状サイズとかなり大きい。)かっては面接や1年間の研修実習が行われていたこともありましたが、試験の内容とレベルを一定に保つ必要と採点の迅速化を図るため、現在の試験はすべてマークシートによる選択回答式で、コンピューターによる採点が行われています。

 

試験には科目の区別はなく、医学全般の知識を幅広く問うものとなっていますが、内科や外科等のいわゆる「メジャー科」に重点が置かれる傾向があります。(1992年までは内科、外科、産婦人科、小児科、公衆衛生の5科目と年によって異なる指定2科目の計7科目の試験が行われていました)。正解や合格ラインは厚生省からは公表されていませんが、受験予備校等から模範解答が示されており、それらの模範解答による自己採点結果の集計によれば、だいたい67%(3分の2)以上が合格ラインと言われています。