調剤薬局発信の循環器内科に関する情報サイト

国家試験に合格するために

業として医行為を行ったり、医師と名乗るためには、医学部を出ているだけではダメで、医師国家試験に合格し、厚生大臣から医師としての免許を受けている必要があります。医師以外にも、歯科医師、保健婦、看護婦、助産婦、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師等の医療従事者について、それぞれ免許制度と国家試験が設けられています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

医師国家試験の合格者は、医籍に登録され、医師免許証が交付されます。(免許証といっても運転免許証のような携帯サイズではなく、表彰状サイズとかなり大きい。)かっては面接や1年間の研修実習が行われていたこともありましたが、試験の内容とレベルを一定に保つ必要と採点の迅速化を図るため、現在の試験はすべてマークシートによる選択回答式で、コンピューターによる採点が行われています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

試験には科目の区別はなく、医学全般の知識を幅広く問うものとなっていますが、内科や外科等のいわゆる「メジャー科」に重点が置かれる傾向があります。(1992年までは内科、外科、産婦人科、小児科、公衆衛生の5科目と年によって異なる指定2科目の計7科目の試験が行われていました)。正解や合格ラインは厚生省からは公表されていませんが、受験予備校等から模範解答が示されており、それらの模範解答による自己採点結果の集計によれば、だいたい67%(3分の2)以上が合格ラインと言われています。

 

調剤薬局