調剤薬局発信の循環器内科に関する情報サイト

障害者に優しい建物の構造

今後団塊の世代が高齢化社会に突入すること、且つ日本は世界一の長寿国といわれており、これからの医院開業はバリアフリーの対応が重要になってきます。但し、注意点としてバリアフリーは面積を必要としますし、バリアフリー自体が医療機器のように利益を生むわけではありません。経営者としてバリアフリーの知識と費用対効果、地域での差別化の戦略としてどの部分を採用するかということも大切になってくるでしょう。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

敷地については、安全性の確保を考えます。これは、高齢者が車などへの、とっさの反応が困難だったりするため、見通しをよくし危険を回避するような気配りが必要という意味です。また、敷地の形状や道路との状態にも物件を決める際には気をつける必要があります。タイル敷などは、凹凸で車椅子が動きにくかったり、しますので注意する必要がありますし、砂利敷などはやめたほうがよいでしょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

排水溝への注意も必要です。車椅子使用者の駐車場は、スペースを広く左右両方にあけられるように、また建物入口の近くは当然として、雨の日も対応できるようその部分については屋根が伸びていると濡れずにすみます。表示も忘れずしておく必要もあります。車椅子への配慮は、段差がないこと、人と車椅子がすれ違う時に通りやすい幅が必要だということです。ちなみに人と車椅子のすれ違いのある通路などは、180cm以上確保が望ましいとされています。

 

薬剤師 転職