調剤薬局発信の循環器内科に関する情報サイト

医療機器の流通経路について考える

クリニック開業において資金の問題は重要です。十分な運転資金を確保するためには、設備投資を抑えることが必要になってきます。そこで設備投資は中古・新品医療機器の複合での使用が効果的です。限られた予算で機器を揃える場合、優先順位の高いものは新品で、そのほかは中古機器を組み合わせて購入するとよいでしょう。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

医療機器は近年ますます高機能かつ高額になっており、開業を考える医師にとっては資金捻出の最大の悩みどころです。最新の医療機器を導入したいと考える場合、手元に充分な資金がない場合はクレジットやリースを利用するのが一般的です。しかしクレジットもリースも「債務」です。原則として中途解約は認められず、万一機器が故障し使えなくなっても契約期間中は支払いを続けなければなりません。保証人がいる、保守点検や修理に費用がかかるなど、面倒も少なくありません。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

そこで、高額な最新医療機器については、レンタルという方法が効果的と考えられます。レンタルならば、短期の一定期間を過ぎれば解約して支払いを停止することができ、機器の返却・増設・買い取りも自由です。借金に相当せず、与信評価枠を狭めることになりませんから、その分資金計画にゆとりが生まれます。レンタル会社によって違いはありますが、定期的に無料で保守点検を実施していたり、修理時に負担する費用は部品代のみとなっていたりするので、リーズナブルといえます。

 

ドラッグストア